減塩ではなく塩を摂ることが免疫力を高めて健康にする

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 14:59

この記事では、減塩ではなく塩を摂ることが免疫力を高める理由について述べています。

 

近年、高血圧を避けるために、何でも「減塩」が叫ばれていますが、「減塩」は本当に体に良いのでしょうか? それとも体に悪いのでしょうか?

 

これまではマスメディアのなかで「減塩」が大切だとされてきましたが、近ごろは石原結實氏の『「減塩」が病気をつくる! 』(青春新書インテリジェンス新書)や、白澤卓二氏の『長生きできて、料理もおいしい! すごい塩』(あさ出版)など、「塩」の健康効果に着目した書籍が目立ってきています。

 

そこで、『日本人には塩が足りない!』(村上譲顕 著)を読んでみると、以下のように書かれています。

 

 現在、塩事業センターが販売する『食塩』(商品名)は塩化ナトリウムの純度が九九%以上と定められています。また、輸入の天日塩を精製加工した『精製塩』(商品名)の塩化ナトリウム純度も九九%以上です。

 そもそも明治時代、塩の専売制度をはじめたときに、「塩=塩化ナトリウム」と考えたことが、「塩化ナトリウムの純度が高いほど高品質な塩である」という「迷信」を作り出してしまったのです。

 しかも、このとき同時に「塩化ナトリウム以外のミネラルは不純物である」と誤った認識が広まってしまったのです。

 しかし、私たちにいわせれば、その「不純物」こそが生き物にとって「有用なミネラル」なのです。

 塩の主成分は塩化ナトリウムですが、それはあくまで主成分であって、「塩そのもの」ではありません。(村上譲顕『日本人には塩が足りない!』p46〜47

 

 塩に含まれるナトリウムの機能のひとつとして、血圧を上げる作用があることは間違いありません。

 しかし、そのナトリウムの力を利用しているのは、私たちの体のほうなのです。

 塩をとることによって、かんたんに生命維持に必要な血圧を保つことができるのです。無理に減塩してナトリウムが不足すれば、全身に血液をめぐらせるのに必要な血圧を保てなくなってしまうのです。(村上譲顕『日本人には塩が足りない!』p70

 

日本人には塩が足りない

村上譲顕『日本人には塩が足りない!』

 

 

また、医学博士の森下敬一氏も、『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』のなかで、

 

 塩は摂り過ぎると高血圧になるとか、減塩すれば健康になるというのが現代医学の考え方ですが、これは大きな間違いです。減塩しただけで血圧の下がる人はほとんどいませんし、塩分を摂ると血圧が上がるというのも事実ではありません。

 健康な人間の身体なら、余分な塩分は排出する調節機能を持っているからです。そのため血圧には、あまり影響しません。(略)

 ただし、塩といっても、自然塩と化学製品である化学塩とは区別して考えねばなりません。いわゆる「九九・八パーセントの科学塩」は、塩化ナトリウムという化学物質にすぎませんから、本来「食塩」と呼ぶべきではありません。この塩化ナトリウムが、内臓に悪さをしたり高血圧を引き起こしたりします。

 一方、食用として用いられる自然塩は、海塩や岩塩などの自然界に存在する塩で、硫黄、鉄、銅、亜鉛、コバルト、マンガンなどといったさまざまなミネラル分を含んでいます。生命が求める本来の塩です。もちろん高血圧を起こしたりはしません。(森下敬一『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』p109〜110

 

と述べています。

 

塩を健康のために効果的に摂るには?

 

そのため、塩の健康効果についてのポイントは以下になります。

 

  • 海水に近い塩の成分は、ミネラルバランスが整っており、生命にとって必要不可欠。
  • もしきちんとした塩を摂らなければ、深刻なミネラル不足をもたらし、体温の低下をはじめとして、様々な体調不良を引き起こす。
  • 「食塩」という名で低価格で販売されている、塩化ナトリウム以外のミネラルは不純物であるとして取り除いた塩こそ、高血圧の原因になる。

 

特に「食塩=塩化ナトリウム」は、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売されている加工食品や調味料に多く含まれていますので、市販の加工食品や調味料から食塩を摂り過ぎてしまうことを避け、代わりに、ミネラルバランスが整った自然塩をある程度摂っていったほうが、健康のためには良いと思われます。

 

またきちんとした塩を摂らないと、体温が低下するといわれていますので、体温の低下によって、免疫力が低下してしまうことも懸念されます。

 

では、人のカラダにとって必要不可欠な塩をきちんと摂るためには、どのような塩を選べばよいのでしょうか?

 

大きめのスーパーマーケットに行くと、にがり成分が残っており、ミネラルがバランスよく含まれている塩が販売されていますので、パッケージをよく確認したうえで、自分で納得のいくものを買われると良いと思います。

 

ちなみに、もし少し値段が高くても良いので本格的な塩を味わいたいという方には、『日本人には塩が足りない!』の著者である故・村上譲顕氏が設立した会社である海の精が販売している伝統海塩「海の精」がオススメです。

 

本物の塩「海の精」

実際に私自身が購入してみましたが、「海の精」は、からだが思わず欲してしまうような、今まで味わったことがない塩でした。

 

本物の塩「海の精」

 

栄養表示を見ると、きちんとミネラルがバランスよく含まれていることが分かります。そのため、「海の精」ならば初めての方でも安心して確実に本物の塩を味わうことができます。

 

本物の塩「海の精」

 

 

 

『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』 太田成男 著

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 13:52

この記事では『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』(太田成男 著)を紹介しています。

 

ミトコンドリアの研究者として知られる太田成男氏の新刊『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』は、水素と水素水の様々な疑問や誤解に応えてくれる、非常に内容が充実している一冊です。

 

以前、水素水の免疫力効果についての記事を書きましたが、水素水はアンチエイジングや病気の予防・改善に効果があるということで、近年、メディアでもしきりに宣伝されました。しかしその水素水ブームの傍らで、特定の研究機関の調査の結果、水素には健康に対する効果がないという報道もなされるようになりました。

 

そのため、水素水には本当に健康に対する効果効能があるのかどうか、懐疑的になっている方は多いのではないでしょうか?

 

また、水素分子(H₂)が抜けてしまった水を「水素水」だと偽って販売する業者が横行したことも、大きな社会問題になりました。

 

しかし日本医科大学大学院教授の太田成男氏による『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』には、水素もしくは水素水についての研究成果や水素水に関するウソ・ホントが非常に詳しく掲載されています。

 

したがって、水素水には本当に健康に対する効果・効能があるのかどうか、不安になったり、疑いをもったりしている方はぜひ一度『ここまでわかった 水素水最新Q&A』を読んで頂きたいと思います。

 

ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体

『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』 太田成男 著 小学館

 

水素水がもつ抗酸化作用

 

水素水の特徴は、優れた抗酸化作用をもっていることです。

 

活性酸素が体内に増えすぎてしまうと、健康な細胞を攻撃し、様々な病気や老化の原因を作ってしまうのですが、水素分子(H₂)は細胞内の必要な場所に素早く到達して、悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという特質があることが、太田成男氏の研究チームによって2007年に明らかになりました。

 

『ここまでわかった 水素水最新Q&A』のなかでは、「ほかの抗酸化物と比較して水素の利点は何ですか?」という質問に対し、太田成男氏は以下のように答えています。

 

 水素の抗酸化力は適度なので、生体に必要な活性酸素を除去しないことが利点です

 活性酸素は全部悪者であるように思われることが多いのですが、生体で必要な活性酸素もあり、細胞の中で様々な役割を果たしています。例えば、精子の形成、血管の修復、傷の治癒などに必要で、身体を鍛えるのにも使われます。これを善玉活性酸素の酸化力は極端には強いわけではありません。

 水素の抗酸化力は、従来のビタミンCやEに比べると強くありません。従来の抗酸化物質は、すべての活性酸素を消去しますので、とりすぎに注意する必要があります。しかし、水素は、善玉活性酸素とは直接反応しないので、代謝を乱すことがないのです

 一方、水素は、酸化力が非常に強く破壊力が強い悪玉活性酸素と直接反応して消去します。(太田成男『ここまでわかった 水素水最新Q&A』p85〜86

 

さらに、

 

 研究が進むにつれ、研究を始めた時に想像していたよりもはるかに多くの効果があることがわかってきたのです。

 最初は、水素の抗酸化作用に着目していたのですが、炎症を抑える作用、アレルギーを抑える作用、エネルギー代謝を活発にする作用、細胞死を抑制する作用があることが次々と発見されました。

 抗酸化作用については、水素の直接の抗酸化作用だけでなく、水素が体内になくなった後でも、長時間にわたって抗酸化作用を示すこともわかってきました。(太田成男『ここまでわかった 水素水最新Q&A』p51〜52

 

とも述べています。

 

このように水素には様々な効果があるとされているため、病気予防のために水素水は大きな可能性を秘めているように感じます。

そのため、時々、水素水に対して否定的な報道がマスメディアによってなされますが、水素水をただのブームで終わらせてしまうのは非常にもったいないと私自身は思います。

 

ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体

 

『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』は、水素に対する疑問や誤解を解決してくれる1冊です。

 

ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体

 

 

 

 

また、水素水を手軽に試してみたい方には、太田成男氏が監修しており株式会社アビストH&Fが販売している健康名水【浸みわたる水素水】 が信頼性が高くてオススメです。

 

浸みわたる水素水」は、水素が抜けにくい4層アルミパウチを採用しているため、簡単には水素が抜けないようになっています。

例えば、製造から未開封のまま8週間(約2ヵ月)という時間が経過したとしても、水素はほぼ100%飽和に近い数値が出ていると言います。

 

さらに、高濃度の水素水を消費者のもとに届けるために、非常に小さな気泡をつくる『マイクロ・ナノバブル』製法を導入しているそうです。 そのため、「浸みわたる水素水」の充填時の溶存水素量は、業界最高レベルの2.2〜2.8ppmだとされています。

 

水素水の健康効果が気になった方は、ぜひ「浸みわたる水素水」を試してみてください。

 

浸みわたる水素水

 

 

乾燥肌におすすめのクリーム「アトピスマイル」

  • 2017.02.11 Saturday
  • 15:06

近年、アトピー性皮膚炎に悩まされている方が増えていますが、香川県にある酒造会社の勇心酒造が販売する「アトピスマイル」は、そんなにアトピー性皮膚炎がひどくなかったり、治りかけていたりする場合に、乾燥している肌に塗るクリームとしてオススメです。

 

また、このアトピスマイルは医薬品でも保湿剤でもないため、ステロイド剤は肌に塗りたくないけれど、アトピーによる乾燥肌をどうにかしたいという方にもおすすめできます。

 

その理由は、この「アトピスマイル」の最大の特徴が、お米のちからによって、乾燥肌を改善するという点にあるからです。具体的には、アトピスマイルの有効成分である「ライスパワーNO.11」が、皮膚角質層に本来備わっている水分保持機能を素早く改善し、健康で強い皮膚を保ってくれるのです。

 

アトピスマイルは乾燥肌におすすめ

 

アトピスマイルの効果・効能

 

  • 皮膚水分保持機能の改善
  • 肌あれ・あれ性
  • ひび・あかぎれを防ぐ
  • 皮膚をすこやかに保つ
  • 皮膚にうるおいを与える
  • 皮膚を保護する
  • 皮膚の乾燥を防ぐ(商品添付の説明書より

 

アトピスマイル

アトピスマイルは乾燥肌におすすめ

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

 

ちなみにアトピスマイルは、入野和生氏の『アトピーに朗報!』という書籍のなかでも紹介されていますが、勇心酒造の徳永孝氏が、日本古来の食材である米と発酵技術の可能性に着目して開発したものです。

 

 新素材ライスパワーエキスNo.11の最大の特徴は、皮膚そのものに働きかけて水分保持能(皮膚バリア機能の高い角質層を作らせる機能)を改善、しかも皮膚の角質層内にあって水分保持をつかさどる成分である「セラミド」を増やすことだった。

 これまでの保湿剤は皮膚角質層の表面に膜を付着させるもので、保湿剤がなくなると効果も消えていたが、ライスパワーNo.11は皮膚そのものを健康にしてしまう。(入野和生『アトピーに朗報!』p33

 

 徳島大学の臨床実験では、アトピー患者にライスパワーエキスNo.11を配合したクリームを塗布したが、約九割の患者に、かゆみや皮膚乾燥などの改善が見られた。水分保持能(バリア)を改善することで、細菌やウイルス、ハウスダストなど外部からの皮膚への攻撃に対し効果がある。また、日本人が古来、主食としてきた米を原料としており、用いる微生物も全て発酵食品に利用されたものであるため、安全性も高いことは歴史的に証明されているという。(入野和生『アトピーに朗報!』p34

 

アトピーに朗報!

 

アトピスマイルは乾燥肌におすすめ

 

実際、私がこの「アトピスマイル」を乾燥肌の部分に塗ってみたところ、市販の保湿剤を塗るよりもしっとり感が継続している印象でしたし、使い続けることで、皮膚の状態が少しずつ改善されているのも実感できました。

 

ただし注意していただきたい点は、この「アトピスマイル」を塗り続ければ、勝手にアトピーが治るというわけではないということです。

 

アトピーを治していくうえで大切なのは、皮膚科医との相談と正しい治療、それに加えて日頃の食生活と生活習慣の見直しと改善なのです。

 

アトピー性皮膚炎はすぐに治るわけではないので、食生活と生活習慣を見直しながら、辛抱強くつきあっていく必要がありますが、その過程のなかで、この「アトピスマイル」は、皮膚の水分保持機能の改善をサポートしてくれるクリームです。

 

なかなかアトピー性皮膚炎の敏感な肌に合うクリームが見つからないという方はぜひ試してみてください。

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

30代からの免疫力対策

水溶性ケイ素で免疫力を高めて万病予防

DHA・EPAは認知症やアレルギーを予防してくれます。

ブログ村

Amazonアソシエイトプログラム

Copyright © 2016 copyrights.30代からの免疫力対策 All Rights Reserved.

 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM