アムラのサプリメントのおすすめは?

  • 2016.03.04 Friday
  • 17:47

アムラのサプリメントのオススメはAmlaLifeのアムラタブレット&アムラパウダー

 

前回の記事では、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」でも"King of Ayurveda(アーユルヴェーダの王様)"として重宝されているスーパーフルーツ「アムラ」がもつ高い抗酸化作用や免疫力効果について書きました。

 

その「アムラ」を実際に普段の生活に摂り入れたい場合は、サプリメントでの摂取がおすすめです。

 

しかしアムラをサプリメントで摂りたいと思っても、どのメーカーのものを選んで良いのか分からないという方には、AmlaLifeの「アムラタブレット」や「アムラパウダー」をオススメしたいと思います。

 

「アムラタブレット」

 

アムラの果実を主役にしたタブレットであり、アムラのエキスを簡単に摂ることができます。

 

AmlaLifeでは自然な成分を安心して摂取できるよう、原材料に化学合成物質を一切含んでいません。

 

そのため、アムラエキス末、さとうきびバガス、でんぷん、なたね硬化油、植物性乳酸菌(殺菌)、デキストリンといった植物由来の原料のみで作られており、これらの植物性原料がビタミンC、ポリフェノール、食物繊維、鉄分といった成分を豊富に含んでいます。

 

「アムラパウダー」

 

こちらはタブレットではなく、アムラ果実が主役のパウダーです。パウダーは果汁を濃縮したエキスであり、そのまま水で飲んだり、ジュースや料理に溶かして摂ることも出来ます。


アムラで毎日を健康に。
アムラタブレットはアムラ栄養分を簡単に摂ることができます。
アムラ専門通販サイト【アムラライフ】



ちなみに亜熱帯植物であるアムラは、日本での栽培が難しいため、青果を入手することが出来ないといいます。そこでAmlaLifeではインドの信頼できるメーカーであるヴィディヤが製造するアムラエキス粉末を輸入し、タブレットへと加工しているそうです。

 

ヴィディヤはインド、アメリカ、フランス、日本に拠点を置くハーブエキスメーカーであり、トレーサビリティーがとれるオーガニックな原材料を使い、最先端の機器で高純度のエキスを製造しているそうですから、AmlaLifeの製品の品質に関しては安心・安全だと言えそうです。

 

またAmlaLifeは腸内細菌の集まりである腸内フローラにも注目しており、アムラタブレットは腸内細菌を増やすのに効果的なポリフェノールや食物繊維(ペクチン)などが含まれているため、腸内フローラの改善にも有効だとしています。

 

それに加え、アムラタブレットの一日分には約500億個の殺菌乳酸菌が含まれているそうです。あらかじめ不活化された乳酸菌は腸まで届き、腸内細菌のエサとなるという考えから、AmlaLifeではアムラタブレットに乳酸菌まで配合してくれているのです。

 

このようにAmlaLifeの「アムラタブレット」や「アムラパウダー」ならば、安心・安全なうえ、アムラの強い抗酸化作用に加えて、腸内細菌のバランスを整える効果も期待できるため、サプリメントとして非常にオススメなのです。

抗酸化力が強いアムラの免疫力効果とは?

  • 2016.03.04 Friday
  • 16:44
インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」でも「若返りの果実」として、万病を予防したり、老化を防いだりする効果があると重宝されている「アムラ」とは、トウダイグサ科コミカンソウ属の落葉性の小高木のことです。

アーユルヴェーダでアムラは、ハリキター、ビビタキと並んで三大果実のひとつだとされており、中でもアムラは"King of Ayurveda(アーユルヴェーダの王様)"だと言われているほどです。

そのためインドでは、日常生活でも美容と健康に欠かせない万能のスーパーフルーツとして現在でも不動の地位を保っているそうですが、アムラは昔から、生命力を甦らせる健康のシンボル、縁起のいい木として人々から尊ばれてきたとされています。

そのスーパーフルーツであるアムラにはビタミンC、ポリフェノール、ペクチン(食物繊維の一種)が特に豊富に含まれています。

また、アムラには病気の予防に役立つ様々な免疫力効果・効能があるとされています。


アムラの免疫力効果・効能
 
  • 強い抗酸化作用
  • 生活習慣病を予防する効果
  • 脂肪の蓄積を抑える効果
  • 美肌効果
  • 腸内環境を改善する効果
  • 便秘を解消する効果
  • 感染症予防効果
  • 白髪や脱毛を防ぐ効果

アムラで毎日を健康に。アムラ専門通販サイト【アムラライフ】



アムラは抗酸化作用が強いビタミンCやポリフェノールが豊富


アムラで特に注目すべきは、抗酸化物質であるポリフェノールとビタミンCの含有量です。

まず、アムラの果実にはβ‐グルカゴリンなどのポリフェノールが100gあたり3000mg以上含まれています。この量は赤ワインの約30倍に相当するとされています。

またアムラの果実には100gあたり約800mg以上のビタミンCが含まれているとされており、ビタミンCが豊富なことで有名なレモンの10倍、オレンジの20倍以上とも言われてるため、アムラのビタミンCの含有量はかなり高いといえます。

ちなみにビタミンCは熱に弱いとされますが、アムラの果実に含まれるビタミンCは熱に強いのだそうです。

このアムラに含まれるポリフェノールやビタミンCがもっている抗酸化作用は、活性酸素(フリーラジカル)が細胞の老化を促したり、細胞内のDNAを傷つけたりするのを防いでくれるため、アムラは万病の予防に高い免疫力効果を発揮してくれると思われます。

活性酸素は体にとって重要な働きをすることもありますが、激しい運動や過度のストレス、電磁波などによって体内の活性酸素が増大しすぎると、細胞の劣化が引き起こされ、老化の要因になったり、糖尿病やガンといった生活習慣病発症の原因になったりすると言われています。

そのため、病気を発症するリスクを低下させるためには、なるべく体内に余計な活性酸素を増やさないようにすることが大切になってくるのです。またそれと共に抗酸化作用のある物質を取り入れて、活性酸素の働きを抑制することも重要になってきます。よくポリフェノールが老化を防ぐ「アンチエイジング」に効果的だと言われているのはそのためです。


そしてアムラにはその抗酸化作用が強いビタミンCやポリフェノールが非常に豊富に含まれているのです。特にポリフェノールにはタンニンの一種で強い抗酸化力をもつβ-グルコガリンという物質も含有しています。

このβ-グルコガリンについてフリーラジカルを消去したり、活性酸素を吸収したりする能力が高いとされており、その抗酸化作用については現在、研究が進められているそうです。

それに加えて、アムラには食物繊維の一種であるペクチンも豊富に含まれているとされています。

ペクチンはイチゴなどの果物にも含まれる水溶性の食物繊維です。アムラと同じくアーユルヴェーダで重宝されている「モリンガ」にも腸内環境を整える食物繊維が多く含まれているとされていますが、モリンガに豊富に含まれているのは水溶性ではなく不溶性の食物繊維です。

アムラに含まれている水溶性食物繊維は、ドロドロになって腸内をゆっくり移動するため、空腹や食べ過ぎを防ぐ効果があります。また糖質の吸収をゆるやかにする作用もあります。

食物繊維は腸内細菌のエサになったり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促して便秘を解消したりする働きがありますが、この食物繊維を腸内細菌の集まりである腸内フローラの改善や便秘の解消に役立てたい場合、この「水溶性」と「不溶性」の食物繊維をバランスよく摂っていく必要があるとされています。

モリンガや玄米、また話題のチアシードなどは不溶性の食物繊維が多いため、それらの食材を普段から摂っている場合、水溶性の食物繊維が豊富なアムラは、二種類の食物繊維のバランスを整えるのにも役立ってくれそうです。

このようにアムラにはその強い抗酸化作用や腸内フローラを改善する働きなどがあるため、生活習慣病をはじめとした万病予防に高い免疫力効果を発揮してくれると考えられます。

ちなみにアムラの栄養を生活に摂り入れたい場合は、サプリメントでの摂取がおすすめです。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

30代からの免疫力対策

水溶性ケイ素で免疫力を高めて万病予防

DHA・EPAは認知症やアレルギーを予防してくれます。

ブログ村

Amazonアソシエイトプログラム

Copyright © 2016 copyrights.30代からの免疫力対策 All Rights Reserved.

 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM