乾燥肌におすすめのクリーム「アトピスマイル」

  • 2017.02.11 Saturday
  • 15:06

近年、アトピー性皮膚炎に悩まされている方が増えていますが、香川県にある酒造会社の勇心酒造が販売する「アトピスマイル」は、そんなにアトピー性皮膚炎がひどくなかったり、治りかけていたりする場合に、乾燥している肌に塗るクリームとしてオススメです。

 

また、このアトピスマイルは医薬品でも保湿剤でもないため、ステロイド剤は肌に塗りたくないけれど、アトピーによる乾燥肌をどうにかしたいという方にもおすすめできます。

 

その理由は、この「アトピスマイル」の最大の特徴が、お米のちからによって、乾燥肌を改善するという点にあるからです。具体的には、アトピスマイルの有効成分である「ライスパワーNO.11」が、皮膚角質層に本来備わっている水分保持機能を素早く改善し、健康で強い皮膚を保ってくれるのです。

 

アトピスマイルは乾燥肌におすすめ

 

アトピスマイルの効果・効能

 

  • 皮膚水分保持機能の改善
  • 肌あれ・あれ性
  • ひび・あかぎれを防ぐ
  • 皮膚をすこやかに保つ
  • 皮膚にうるおいを与える
  • 皮膚を保護する
  • 皮膚の乾燥を防ぐ(商品添付の説明書より

 

アトピスマイル

アトピスマイルは乾燥肌におすすめ

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

 

ちなみにアトピスマイルは、入野和生氏の『アトピーに朗報!』という書籍のなかでも紹介されていますが、勇心酒造の徳永孝氏が、日本古来の食材である米と発酵技術の可能性に着目して開発したものです。

 

 新素材ライスパワーエキスNo.11の最大の特徴は、皮膚そのものに働きかけて水分保持能(皮膚バリア機能の高い角質層を作らせる機能)を改善、しかも皮膚の角質層内にあって水分保持をつかさどる成分である「セラミド」を増やすことだった。

 これまでの保湿剤は皮膚角質層の表面に膜を付着させるもので、保湿剤がなくなると効果も消えていたが、ライスパワーNo.11は皮膚そのものを健康にしてしまう。(入野和生『アトピーに朗報!』p33

 

 徳島大学の臨床実験では、アトピー患者にライスパワーエキスNo.11を配合したクリームを塗布したが、約九割の患者に、かゆみや皮膚乾燥などの改善が見られた。水分保持能(バリア)を改善することで、細菌やウイルス、ハウスダストなど外部からの皮膚への攻撃に対し効果がある。また、日本人が古来、主食としてきた米を原料としており、用いる微生物も全て発酵食品に利用されたものであるため、安全性も高いことは歴史的に証明されているという。(入野和生『アトピーに朗報!』p34

 

アトピーに朗報!

 

アトピスマイルは乾燥肌におすすめ

 

実際、私がこの「アトピスマイル」を乾燥肌の部分に塗ってみたところ、市販の保湿剤を塗るよりもしっとり感が継続している印象でしたし、使い続けることで、皮膚の状態が少しずつ改善されているのも実感できました。

 

ただし注意していただきたい点は、この「アトピスマイル」を塗り続ければ、勝手にアトピーが治るというわけではないということです。

 

アトピーを治していくうえで大切なのは、皮膚科医との相談と正しい治療、それに加えて日頃の食生活と生活習慣の見直しと改善なのです。

 

アトピー性皮膚炎はすぐに治るわけではないので、食生活と生活習慣を見直しながら、辛抱強くつきあっていく必要がありますが、その過程のなかで、この「アトピスマイル」は、皮膚の水分保持機能の改善をサポートしてくれるクリームです。

 

なかなかアトピー性皮膚炎の敏感な肌に合うクリームが見つからないという方はぜひ試してみてください。

 

 

保湿クリーム「水の彩」の感想とアトピーへの効果

  • 2016.07.14 Thursday
  • 19:39

この記事では 彩生舎の保湿クリーム「水の彩」をアトピーの肌に塗ってみた感想(口コミ・レビュー)について述べていきたいと思います。

 

前回の記事では「ルイボスティー」がアトピー性皮膚炎の症状緩和に効果的だと書きましたが、アトピー性皮膚炎に悩まされている方で、何か良い保湿クリームがないかと探している方がいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、首のアトピーがなかなか治らない私自身が、肌にやさしいため、敏感肌、乾燥肌でも大丈夫だとしてある彩生舎の「水の彩」保湿クリームを実際に注文して、試してみました。

 

保湿クリーム水の彩

お肌にたっぷりのうるおいを!『水の彩』

 

 

2週間程度、「水の彩」を使用し続けた感想としては、「本当に肌にやさしい」ことが挙げられます。

 

首のアトピーの部分に下手に市販のクリームを塗ると、私の場合、かゆみが生じてしまうのですが、この「水の彩」に関しては、お風呂上りに塗っても、かゆみを感じることはほとんどありませんでした。

 

もちろん、この「水の彩」は医薬品ではないので、アトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果はありませんが、何か肌に優しい保湿クリームを探している方は、それほど皮膚を刺激しないため、一度試してみる価値はあると思われます。

 

また、「水の彩」は、お風呂上りに水で薄めた水溶性ケイ素と一緒に塗っても、皮膚の保湿に効果的です。

 

ところで、アトピー性皮膚炎を治していくことに関しては、お風呂上がりなどの保湿に気をつかいながら、皮膚を出来る限りひっかかないようにして、皮膚のバリア機能を高めていくことが必要になってきます。

 

さらに、腸内環境を改善すると共に、DHA・EPAなどを多く摂るなど、油の摂り方や食事に気をつけ、体内でかゆみ・アレルギー症状が起きないようにしていくことも重要です。

 

つまり、アトピー性皮膚炎の症状緩和は、内側と外側、両方のケアが大切なのです。

 

保湿クリーム水の彩

低刺激性保湿クリーム【水の彩】

 

 

ちなみに、彩生舎のサイトには保湿ゲルクリーム「水の彩」に関して、

 

  • 「水分が角質層のすみずみまで浸透し、お肌にハリとうるおいをあたえます。」
  • 「保湿成分がお肌に保護膜をつくり、通気性を妨げることなく水分を保持し、うるおいを逃しません。
  • 「化粧水+乳液+美容液が 1つになったオールインワンゲル。」
  • 「お顔をはじめ全身のマッサージにもご利用下さい。(ご使用方法の欄をご覧下さい」
  • 「ノンオイル・無香料・無着色、また石油系合成界面活性剤は使用しておりません」
  • 「お肌にやさしい低刺激性の保湿ゲルクリームです。ご家族全員でお使い下さい。※ お子様の場合は、必ず保護者の方の目の行き届く所でご使用ください」

 

と書かれています。

 

また水の彩に含まれる全成分は、

 

「水、BG、グリセリン、マルチト−ル、リゾレシチン、オウゴン根エキス、水溶性コラーゲン、ヒバマタエキス、
カワラヨモギ花エキス、アロエベラ葉エキス、黒砂糖エキス、カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K、アラントイン、
ビフィズス菌培養溶解質、海塩、水酸化K、カルボマー、トコフェロール、メチルパラベンNa

※ 天然由来成分を98%以上配合しております。  ※ 無香料、無着色、石油系合成界面活性剤は使用しておりません。」

 

とあります。

 

 

保湿クリーム水の彩

 

保湿クリーム「水の彩」は敏感肌の方におすすめです。

 

保湿クリーム水の彩

ルイボスティーがアトピー改善に効果的な理由

  • 2016.06.28 Tuesday
  • 14:43

アフリカのお茶、ルイボスティーはアトピー性皮膚炎の改善に効果的だと考えられます。

 

以前、ルイボスティーは花粉症の症状緩和に効果的だという記事を書きましたが、アトピー性皮膚炎にも有効であるように思われます。

 

このように書くのは、 私自身が首にあるアトピーのかゆみに悩まされている際、ルイボスティーを飲んだら、どういうわけか皮膚の炎症が抑制され、かゆみが引いていったからなのです。

 

さらにそれからルイボスティーを数日間飲み続けたら、どういうわけかかゆみがそれほど起きなくなり、肌の調子も良くなってきたのです。同時にDHA・EPAサプリメントも飲んでいたので、そっちの方も体の内部からアレルギー症状を改善するのに働いたのかもしれませんが、それにしてもルイボスティーのアトピー性皮膚炎を改善する効果は高いように感じます。

 

実際、ルイボスティーは『アトピーを治す大事典』(帯津良一編)の中でも取り上げられており、「ルイボスティーはすでに南アフリカでも、皮膚の美容や健康によいお茶、アレルギーに効くお茶といわれていた」ようです。

 

特にルイボスティーには活性酸素を除去するSOD様酵素が含まれ、活性酸素の害を減らす抗酸化作用が強いと言われていますが、その抗酸化作用がアトピーのかゆみが起きてくるメカニズムを打ち消している理由なのかもしれません。

 

また、ルイボスティーに含まれている抗酸化物質(ポリフェノール)の「ケルセチン」には、皮膚のバリア機能を高める働きがあるとされており、SOD様酵素と共に美肌効果に最適だと言われています。

 

アトピーを治すには冷たいもので腸を冷やさないようにすることが重要

 

ところで、アトピー性皮膚炎の症状改善について、様々な意見が飛び交っていますが、アトピーを治すうえで大切になってくるのは、腸を冷やさないようにすることだと思われます。

 

医学博士の西原克成氏は『アトピーが治った!』のなかで、「アトピーとは、白血球に細菌やウイルスが入ることで起こる、微生物の細胞内感染症なのです」と述べています。さらに、

 

「また、冷たいものをとって腸を冷やすと、腸のパイエル板(小腸の腸壁にある扁桃リンパ節が集まった部分)が正常に働かなくなります。すると、パイエル板から大腸菌などの悪玉菌や、細菌、ウイルス、未消化のたんぱく質などがどんどん白血球に取り込まれ、血液を通してばらまかれ、体中の細胞内に入り込んでしまいます。そして、細胞内にあるミトコンドリアのための酸素や栄養を横取りしてしまいます。そのため、ミトコンドリアのエネルギーの産出がうまくいかなくなり、細胞の活動が低下して、内臓や組織の働きにまで悪影響を及ぼすのです」

 

としています。

 

つまり西原克成氏は、アトピーなどのアレルギー症状が起こる根本原因は冷たい飲みものやアイスを口にする習慣によって、腸を冷やすことだと述べているのです。

 

西原克成氏の著作である『免疫力を高める生活』を以前に取り上げたことがありましたが、この西原克成氏の意見はアトピー性皮膚炎を治していくうえで傾聴に値すると思われます。

 

 

ルイボスティーは腸を温めてアトピーを治していくのに最適

 

そのため、なるべく冷たい飲みものやアイスクリームなどを口にする回数を減らし、代わりにルイボスティーを飲むようにすると、悩ましいアトピー性皮膚炎の症状は改善に向かっていくように感じられます。

 

ちなみに私が飲んでいるのは アールティールームのルイボスティーです。

 

ルイボスティー

 

株式会社アールティーのルイボスティーは有機栽培されたオーガニック茶葉、それも最高級の「スーパーグレード」のみを使用しているため、高品質で美味しいうえに安心安全です。

 

また、RTルイボスティー「3週間お試しセット」 は、セット内容が

 

  • ルイボスティー・スタンダード (煮出し用) 3g×20包
  • ルイボスティー・オリジナル (1.2g ティーバッグ)×3包
  • グリーン・ルイボスティー (ティーバッグ3g)×1包
  • オリエンタル・ミントティー (ティーバッグ3g)×1包

 

となっています。

 

特に 「ルイボスティー・スタンダード (煮出し用) 3g×20包」はルイボスティーが2リットル×20回分ですので、コップ1杯でたったの7円程度と大変経済的です。

 

ルイボスティー

こちらがRTルイボスティー「3週間お試しセット」

 

 

ルイボスティー

RTルイボスティーは高品質で美味しいうえ、からだにも安心安全です。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

30代からの免疫力対策

水溶性ケイ素で免疫力を高めて万病予防

DHA・EPAは認知症やアレルギーを予防してくれます。

ブログ村

Amazonアソシエイトプログラム

Copyright © 2016 copyrights.30代からの免疫力対策 All Rights Reserved.

 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM