『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』 太田成男 著

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 13:52

この記事では『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』(太田成男 著)を紹介しています。

 

ミトコンドリアの研究者として知られる太田成男氏の新刊『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』は、水素と水素水の様々な疑問や誤解に応えてくれる、非常に内容が充実している一冊です。

 

以前、水素水の免疫力効果についての記事を書きましたが、水素水はアンチエイジングや病気の予防・改善に効果があるということで、近年、メディアでもしきりに宣伝されました。しかしその水素水ブームの傍らで、特定の研究機関の調査の結果、水素には健康に対する効果がないという報道もなされるようになりました。

 

そのため、水素水には本当に健康に対する効果効能があるのかどうか、懐疑的になっている方は多いのではないでしょうか?

 

また、水素分子(H₂)が抜けてしまった水を「水素水」だと偽って販売する業者が横行したことも、大きな社会問題になりました。

 

しかし日本医科大学大学院教授の太田成男氏による『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』には、水素もしくは水素水についての研究成果や水素水に関するウソ・ホントが非常に詳しく掲載されています。

 

したがって、水素水には本当に健康に対する効果・効能があるのかどうか、不安になったり、疑いをもったりしている方はぜひ一度『ここまでわかった 水素水最新Q&A』を読んで頂きたいと思います。

 

ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体

『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』 太田成男 著 小学館

 

水素水がもつ抗酸化作用

 

水素水の特徴は、優れた抗酸化作用をもっていることです。

 

活性酸素が体内に増えすぎてしまうと、健康な細胞を攻撃し、様々な病気や老化の原因を作ってしまうのですが、水素分子(H₂)は細胞内の必要な場所に素早く到達して、悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという特質があることが、太田成男氏の研究チームによって2007年に明らかになりました。

 

『ここまでわかった 水素水最新Q&A』のなかでは、「ほかの抗酸化物と比較して水素の利点は何ですか?」という質問に対し、太田成男氏は以下のように答えています。

 

 水素の抗酸化力は適度なので、生体に必要な活性酸素を除去しないことが利点です

 活性酸素は全部悪者であるように思われることが多いのですが、生体で必要な活性酸素もあり、細胞の中で様々な役割を果たしています。例えば、精子の形成、血管の修復、傷の治癒などに必要で、身体を鍛えるのにも使われます。これを善玉活性酸素の酸化力は極端には強いわけではありません。

 水素の抗酸化力は、従来のビタミンCやEに比べると強くありません。従来の抗酸化物質は、すべての活性酸素を消去しますので、とりすぎに注意する必要があります。しかし、水素は、善玉活性酸素とは直接反応しないので、代謝を乱すことがないのです

 一方、水素は、酸化力が非常に強く破壊力が強い悪玉活性酸素と直接反応して消去します。(太田成男『ここまでわかった 水素水最新Q&A』p85〜86

 

さらに、

 

 研究が進むにつれ、研究を始めた時に想像していたよりもはるかに多くの効果があることがわかってきたのです。

 最初は、水素の抗酸化作用に着目していたのですが、炎症を抑える作用、アレルギーを抑える作用、エネルギー代謝を活発にする作用、細胞死を抑制する作用があることが次々と発見されました。

 抗酸化作用については、水素の直接の抗酸化作用だけでなく、水素が体内になくなった後でも、長時間にわたって抗酸化作用を示すこともわかってきました。(太田成男『ここまでわかった 水素水最新Q&A』p51〜52

 

とも述べています。

 

このように水素には様々な効果があるとされているため、病気予防のために水素水は大きな可能性を秘めているように感じます。

そのため、時々、水素水に対して否定的な報道がマスメディアによってなされますが、水素水をただのブームで終わらせてしまうのは非常にもったいないと私自身は思います。

 

ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体

 

『ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体』は、水素に対する疑問や誤解を解決してくれる1冊です。

 

ここまでわかった 水素水最新Q&A 続・水素水とサビない身体

 

 

 

 

また、水素水を手軽に試してみたい方には、太田成男氏が監修しており株式会社アビストH&Fが販売している健康名水【浸みわたる水素水】 が信頼性が高くてオススメです。

 

浸みわたる水素水」は、水素が抜けにくい4層アルミパウチを採用しているため、簡単には水素が抜けないようになっています。

例えば、製造から未開封のまま8週間(約2ヵ月)という時間が経過したとしても、水素はほぼ100%飽和に近い数値が出ていると言います。

 

さらに、高濃度の水素水を消費者のもとに届けるために、非常に小さな気泡をつくる『マイクロ・ナノバブル』製法を導入しているそうです。 そのため、「浸みわたる水素水」の充填時の溶存水素量は、業界最高レベルの2.2〜2.8ppmだとされています。

 

水素水の健康効果が気になった方は、ぜひ「浸みわたる水素水」を試してみてください。

 

浸みわたる水素水

 

 

浸みわたる水素水のお試しセットがおすすめな理由

  • 2016.03.06 Sunday
  • 16:08

浸みわたる水素水のお試しセットで手軽に水素水生活

 

水素水」とは水素分子(H2)が豊富に溶け込んでいる水のことですが、近年、この水素水がアンチエイジングや免疫力の向上など、美容や健康維持のために良いと評判です。

 

この水素水の免疫力効果については以前にも書きましたが、水素水が健康維持のために良いとされる理由は、水素水に含まれている水素分子(H2)が、体内や細胞内の隅々まで素早く自由に駆け巡り、体内の活性酸素を除去する働きがあることが日本医科大学教授の太田成男氏の研究チームによって明らかになったからです。

 

活性酸素は体内の細胞の老化を促したり、細胞内のDNAを傷つけたりするため、ストレスや激しい運動などによって体内に増えすぎると万病をひき起こす原因になるとされていますが、その細胞の酸化を防ぐのはポリフェノールやビタミンCなどの抗酸化物質だとされています。

 

しかし水素水に含まれる水素分子(H2)は、野菜や果物に含まれるポリフェノールやビタミンCといった抗酸化物質とは違い、細胞内の必要な場所に素早く到達して、悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという点に大きな特長があると言えます。

 

また水素の抗酸化力(還元力)はビタミンEやビタミンC、ポリフェノールなどの数百倍にものぼるとされています。

 

ところが水素を体内に摂り入れるために水素水を購入する場合は、いくつかの注意点があります。

 

例えば、水素の効果を得たい場合は、最低でも1.0ppm以上の水素濃度が必要になるため、水素水商品を選ぶ際には、溶存水素量が1.0ppm以上かどうかが判断基準になります。

 

それに加えて、、水素は簡単に抜けていってしまうため、水素が抜けやすい容器を使っていないかどうか注意することも大切です。例えば、ペットボトルに安易に入れられて出荷された水素水は、時間と共に水素が抜けてしまっているものがほとんどです。

 

そのため、水素水が入っている容器に気を配り、すでに水素が抜けてしまっていないかどうか確認することは、水素水を購入するうえで非常に重要な要素です。
 

水素水の効果を実感するためにおすすめの「浸みわたる水素水お試しセット」

 

数ある水素水商品のなかでも「浸みわたる水素水」は信頼度が高いため、どの商品を買って良いのか迷っている方にも非常にオススメです。 この「浸みわたる水素水」は、ミトコンドリア・水素水研究の第一人者として知られる太田成男教授に出会ったことをきっかけに、水素水の優れた健康効果を世に広めようとしている会社であるアビストH&Fによって製造されています。

 

まず「浸みわたる水素水」は日本名水百選にも選ばれた熊本県菊池の天然ミネラルウォーター(地下水)を使用していることが大きな特徴です。

 

浸みわたる水素水はおすすめ

熊本県菊池の天然水【浸みわたる水素水】

 

また、「浸みわたる水素水」は、水素が抜けにくい4層アルミパウチを採用しているため、簡単には水素が抜けないようになっています。例えば、製造から未開封のまま8週間(約2ヵ月)という時間が経過したとしても、水素はほぼ100%飽和に近い数値が出ていると言います(以下は、「浸みわたる水素水」のランディングページからの引用です)。
 

 「浸みわたる水素水」は、自社工場の検査室にて溶存水素量の安定性試験をおこなっております。 水素水の中に溶け込んでいる水素は、未開封でも時間とともに少しずつ減少してしまいますが、 水素が抜けにくい4層アルミパウチを採用している「浸みわたる水素水」は、製造から未開封のまま 8週間(約2ヵ月)という時間が経過しても、僅かに数値は低下していますが、 26℃環境下で1.63ppmという水素の過飽和状態(26℃環境下での100%飽和量は1.55ppm)、 もしくは100%飽和に近い数値が出ています。
通常、外気温が高くなるにつれて、溶けることができる水素の量は少なくなります。 20℃環境下での100%飽和量は1.62ppmとされていますが、「浸みわたる水素水」は、 26℃環境下という高い外気温でも、20℃環境下と同等以上の高い溶存水素量を維持できているのです。

 

そのため、「浸みわたる水素水」の充填時の溶存水素量は、業界最高レベルの2.2〜2.8ppmだとされています。

 

さらに、アビストH&Fでは高濃度の水素水を消費者のもとに届けるために、非常に小さな気泡をつくる『マイクロ・ナノバブル』製法を導入しています。

 

このようにアビストH&Fの「浸みわたる水素水」は、高品質なミネラルウォーターに水素がきちんと閉じ込められて抜けないようになっているため、一度水素水を試してみたいという初めての方に自信をもっておすすめできる商品です。

 

浸みわたる水素水

30万本突破!【浸みわたる水素水】

 

浸みわたる水素水のお試しセットは価格が手ごろ

 

また品質の良い水素水はどれも高価ですが、「浸みわたる水素水」のお試しパックは、500ml×12本でたったの1.980円です。一本あたりに換算すると、165円ですので、非常に手に取りやすい価格であると言えます。

 

このお試しパックならば定期購入をする必要もないので、免疫力の向上やアンチエイジングのために水素水の効果を試してみたいという方に、大変おすすめなのです。

浸みわたる水素水はおすすめ

 

 

浸みわたる水素水はおすすめ

 

 

 

「浸みわたる水素水」の製造過程についてこちらの動画をご覧ください。



 

免疫力効果が抜群の「水素水」とは?

  • 2015.08.10 Monday
  • 17:20

近年、ミネラルウオーターやアルカリイオン水をはじめとして、様々な種類の「」が健康に良いものとして販売されるようになりましたが、特に「水素水」が体に良いと評判になっております。その水素水とは、一体どういったものなのでしょうか?

 

水素水」とは簡単に言えば、水素分子(H2)が豊富に溶け込んでいる水のことを指します。

 

この水素水の免疫力効果が高く、身体の健康に良いとされている理由は、水素水に含まれている水素分子(H2)が、体内や細胞内の隅々まで素早く自由に駆け回り、体内の活性酸素を除去する働きがあることが日本医科大学教授の太田成男氏の研究チームによって明らかになったためです。太田成男教授は、ミトコンドリア研究の第一人者としても知られており、水素分子(H2)については、『ミトコンドリアのちから』のなかでこのように述べています。
 

 培養細胞にアンチマイシンAという物質を添加すると、第4章でも述べた電子伝達系の複合体の働きが一部阻害されて、スーパーオキシドや過酸化水素が発生し、さらにそこからヒドロキシルラジカルもできてくる。それら活性酸素の発現量を、細胞の染色技術を駆使して測定しつつ、溶液に溶かした水素ガス(水素分子)を添加したときにどうなるかを調べた。すると水素ガスはヒドロキシルラジカルだけを選択的に減らすことが確かめられた。しかも水素分子はミトコンドリアの中だけでなく核の中のヒドロキシルラジカルも除去して、細胞のミトコンドリアと核の両方を守ることもわかったのである。これは水素分子が非常に小さいため、生体の脂質膜を容易に通り抜けることができるからだ。他のいくつかの測定方法でも注意深く調べてみたが、やはり水素分子がヒドロキシルラジカルを選択的に除去し、スーパーオキシドや過酸化水素には影響を及ぼさないという結果が得られた(『ミトコンドリアのちから』 p220〜221)

 

 

水素分子(H2)は植物に含まれているポリフェノールをはじめとした抗酸化物質とは違い、細胞内の必要な場所に素早く到達して、悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという点に大きな特長があると言えます。

 

ちなみに、この水素分子(H2)のはたらきに関する研究報告は、医学界の学術雑誌「ネイチャーメディシン」誌で発表され、国内でも大きな話題になったそうです。

 

ところで活性酸素とは、電子と酸素が結びついた物質のことであり、体内の細胞のミトコンドリアが摂取した食物を一度電気エネルギーに変換し、ATPと呼ばれる物質を生成する際に、エネルギープラントであるミトコンドリアからどうしても発生してしまうものです(活性酸素が生じる原因についての記事はこちら)。

 

しかし、この活性酸素は、ガンなどから体を護る働きをはじめとして、体にとって良い効果もあるとされているため、必ずしも悪者だとは言いきれません。抗酸化物質の過剰摂取によって、逆にガンなどのリスクが高まると言われることがあるのはそのためです。

 

ところが、酸素が電子を吸収する毎に、「スーパーオキシドラジカル」、「過酸化水素」、そして格段に酸化力が強いとされる「ヒドロキシルラジカル」と、だんだん過激な活性酸素になっていき、特に酸化力が強い「ヒドロキシルラジカル」は遺伝子や細胞膜を傷つける主な原因にもなるため、悪玉活性酸素と呼ばれています。

 

ちなみに「ヒドロキシルラジカル」は「スーパーオキシドラジカル」の100倍の酸化力を持っているそうです。



熊本県菊池の天然水【浸みわたる水素水】
 

水素水の免疫力効果は抜群!

 

また、悪玉活性酸素は過度のストレスを感じたり、激しい運動を行ったりした際や、強い紫外線を浴びた時などにも発生するとされています。悪玉活性酸素は、正常な細胞まで酸化させ、錆びつかせることにより、その細胞の正常な働きを失わせ、老化を促したり、遺伝子を傷つけたりしてしまいます。

 

そのため、この悪玉活性酸素の働きはガンや動脈硬化、糖尿病、認知症、アトピー性皮膚炎など万病の元だとも言われています。したがって、いかに悪玉活性酸素を除去して体内から減らしていくかが日頃の健康を維持するための鍵になると言えるのです。

 

その悪玉活性酸素を除去するのに、水素分子(H2)を豊富に含む水素水は、ビタミンCやポリフェノールよりも優れた抗酸化作用をもつとされているために、病気を予防する免疫力効果は抜群であると言われています。

 

 水素の抗酸化力は適度なので、生体に必要な活性酸素を除去しないことが利点です

活性酸素は全部悪者であるように思われることが多いのですが、生体で必要な活性酸素もあり、細胞の中で様々な役割を果たしています。例えば、精子の形成、血管の修復、傷の治癒などに必要で、身体を鍛えるのにも使われます。これを善玉活性酸素の酸化力は極端には強いわけではありません。

 水素の抗酸化力は、従来のビタミンCやEに比べると強くありません。従来の抗酸化物質は、すべての活性酸素を消去しますので、とりすぎに注意する必要があります。しかし、水素は、善玉活性酸素とは直接反応しないので、代謝を乱すことがないのです

 一方、水素は、酸化力が非常に強く破壊力が強い悪玉活性酸素と直接反応して消去します。(太田成男『ここまでわかった 水素水最新Q&A』p85〜86

 

水素水に含まれた水素分子は、細胞膜や細胞の内部、ミトコンドリア内、核内、血液やリンパ液など、からだの至るところに入り込み、活性酸素を除去してくれるのです。

 

しかし注意すべきなのは、巷で販売されている水素水商品のどれもが体に良い影響を与えるというわけではないということです。

 

水素水を選ぶ際には、まず、溶存水素量に気をつけていただきたいと思います。水素水の溶存水素量は「ppm」という値で示されていますが、この水素分子の濃度の値が、0.4ppm以下であった場合は、からだに対してそれほど影響はないとされています。しかし0.4ppm以上になると、身体に与える良い影響に差が出てくると言われています。

 

そのため、0.4ppm以上を体内に摂取することが必要になりますが、水素分子(H2)は約6割が呼気と共に排出されるため、最低でも1.0ppm以上の水素濃度を摂らなければなりません。

 

したがって、市場に数多く存在している水素水関連商品を選ぶ際には、溶存水素量が1.0ppm以上かどうかが判断基準になります。

 

また、水素分子(H2)はすぐに水から抜けてしまう性質があるため、水素水が入れられている容器にも注意を払う必要があります。特にペットボトルやガラスなどは抜けやすく、工場から出荷される経緯で水素分子(H2)のほとんどが失われてしまっているという場合は少なくありません。

 

さらにパウチ型などの水素水商品でも、蓋を開けた瞬間に、水素が抜け出てしまうというケースも考えられますので、一度封を開けてしまったら、すぐに飲み干すことをオススメします。

 

ところで水素水を飲むには、ウォーターサーバーを使って飲む方法と、パウチのような容器に入れられた水素水をそのつど飲む方法、そして、マグネシウムと水を組み合わせることで発生した水素を水に溶かして飲むという三つのやりかたがあります。

 

水素水商品のおすすめは?

 

水素水サーバーなら手軽に水素水が作れて評判も良い「ルルド」がおすすめ

 

毎日、高品質な水素水を飲みたいという場合は、株式会社エイジレスファクトリーのハンディ水素水メーカーである「ルルド」がいちおしです。

 

なぜなら、ルルドによって作られる水素水は高濃度1.2ppmであり、しかも国際特許に裏付けられた技術によって水素が抜けにくいからです。またワンタッチで30分以内に水素水を作れるため、普段から気軽にたくさんの水素水を飲むことができます。

 

水素水サーバーは初期費用が15万円程度かかりますが、数年間飲み続けることを前提とした場合は、パウチタイプのものを定期購入し続けるよりも安く済むというメリットがあります。


パウチタイプなら「浸みわたる水素水」

 

また、水素水を自分で作るのが面倒だという方には、株式会社アビストH&Fの「浸みわたる水素水」がオススメです。「浸みわたる水素水」は、水素が抜けにくい4層アルミパウチを採用しているため、簡単には水素が抜けないようになっています。

 

例えば、製造から未開封のまま8週間(約2ヵ月)という時間が経過したとしても、水素はほぼ100%飽和に近い数値が出ていると言います。

 

浸みわたる水素水

 

さらに、高濃度の水素水を消費者のもとに届けるために、非常に小さな気泡をつくる『マイクロ・ナノバブル』製法を導入しているそうです。 そのため、「浸みわたる水素水」の充填時の溶存水素量は、業界最高レベルの2.2〜2.8ppmだとされています。

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

30代からの免疫力対策

水溶性ケイ素で免疫力を高めて万病予防

DHA・EPAは認知症やアレルギーを予防してくれます。

ブログ村

Amazonアソシエイトプログラム

Copyright © 2016 copyrights.30代からの免疫力対策 All Rights Reserved.

 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM