スポンサーサイト

  • 2017.11.02 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    玄米リブレフラワーが食養生と免疫力アップにおすすめなわけ

    • 2017.01.25 Wednesday
    • 14:58

    当ブログでは玄米を使った健康食品として、「玄米まるごと玄煎粉」や「醗酵5」などを30代からの免疫力アップのためにオススメしてきましたが、今回ご紹介したいのは、「玄米リブレフラワー」です。

     

    玄米は古来から日本人の主食であり、健康的な生活を支えてきたと言われていますが、その玄米には豊富な栄養素が含まれており、特に玄米の糠(ぬか)には、ビタミンEやビタミンB群、鉄や亜鉛などのミネラル類、食物繊維などが白米よりも多く含まれていることがよく知られています。

     

    また、玄米にはγ(ガンマ)‐オリザノールやイノシトールなどの抗酸化物質・有効物質も多く含まれており、健康食として注目を浴びるようになりました。

     

    しかし、玄米に含まれる「アブシジン酸(ABA)」は細胞内のミトコンドリアの毒になるため、玄米を食べる時はこのアブシジン酸を無毒化して食べる必要があると言われています。

     

    もし無毒化しないと細胞内のミトコンドリアの機能が弱まり、その働きが低下してしまうとされているのです。

     

    細胞内のミトコンドリアは人間のありとあらゆる生命活動に必要な「ATP」と呼ばれるエネルギー通貨を必要な分だけ生み出しており、細胞の新陳代謝やエネルギー代謝にも深く関わってくるため、ミトコンドリアの働きがアブシジン酸によって低下してしまえば、そのぶん体調不良に陥ったり、様々な病気の発症の原因になっしまったりする可能性が否めません。

     

    ところが、アブシジン酸(ABA)のために玄米を食べないようにする必要はなく、このアブシジン酸(ABA)を取り除く方法が三つ存在しています。

     

    それは『「酵素」の謎』の著者である鶴見隆史氏によれば、以下の通りです。

     

    1. 12時間以上の浸水
    2. 遠赤焙煎(ロースト)かフライパンの空炒り
    3. 発酵

    (参考 鶴見隆史『「酵素」の謎』)
     

     

    玄米の短所を克服した玄米リブレフラワー

     

    このように玄米のアブシジン酸の害をなくすには、ひと手間必要になるのですが、遠赤焙煎による玄米リブレフラワーであれば、玄米の難点が見事に解消されているため、優れた栄養食として、玄米を毎日の食生活に簡単に採り入れることが可能なのです。

     

    そのリブレフラワーとは、独自製法で高温焙煎し、25ミクロンに微粉末化した玄米のことです。

     

    この玄米リブレフラワーのメリットの効用について、酵素栄養学の第一人者として知られている鶴見隆史氏は以下を挙げています。

     

    • エネルギーの大幅なアップ
    • ファイトケミカル(フェルラ酸他)が多く出現し抗酸化力を強く持つ
    • フリーラジカルスカベンジャー効果を持つ
    • その穀物の持つ薬効効果の増大
    • 栄養素(ミネラル、ビタミン)の活性化(天日干しの効果)
    • 毒素の腸内吸着素としての働き
    • 食べ方の簡便さ
    • 栄養の吸収率の増大
    • ビタミンEとしての作用
    • さまざまな応用の可能
    • 免疫力の増大作用

     

    (鶴見隆史 『現代版 食物養生法』 p229)

     

     

    玄米リブレフラワーの効用

     

    1. きわめて酸化しにくい
    2. すべての栄養素に破壊がない
    3. デンプンがアルファ化(α化)している
    4. きわめて消化吸収がいい
    5. 強烈な毒素排泄効果
    6. 栄養素(特にミネラル、ビタミン)の活性化
    7. 完全に(一〇〇%)無農薬化している
    8. 食べ方が自由自在
    9. 他の素材と組み合わせるとその欠点が回避される
    10. 低カロリー食品である
    11. ダイオキシン・環境ホルモンの排出作用として一役

    (鶴見隆史 『現代版 食物養生法』より)

     

     

    特に玄米リブレフラワーは腸内の毒素を排出するデトックス効果が強いとされているため、玄米リブレフラワーを日頃の食生活に採り入れることは腸内環境の改善や腸のお掃除、免疫力のアップなどにつながっていきます。

     

    また、ビタミンB群やビタミンE、マグネシウム、鉄、ケイ素などのミネラル、酸化を防ぐ抗酸化物質が豊富なうえ、粉末状であるため栄養吸収率が高いという特徴があります。

     

    そのため、病中病後や体調不良のときに、スープやお茶などにこの玄米リブレフラワーを混ぜて飲むことは回復のために非常に役に立ちます。

     

    さらにこの玄米リブレフラワーはグルテンフリーであるため、アトピーやアレルギーに悩まされている方にもオススメできます。実際2週間ほど、私自身この玄米リブレフラワーを試してみましたが、便通が良くなったうえ、乾燥肌が改善に向かい、持病のアトピーも良くなりました。

     

    なかなか腸内環境が改善されず、アトピーやアレルギーが良くならない方は、ぜひ一度、玄米リブレフラワーを試してみてください。

     

    玄米リブレフラワー玄米リブレフラワー

     

     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.02 Thursday
    • 14:58
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      30代からの免疫力対策

      水溶性ケイ素で免疫力を高めて万病予防

      DHA・EPAは認知症やアレルギーを予防してくれます。

      ブログ村

      Amazonアソシエイトプログラム

      Copyright © 2016 copyrights.30代からの免疫力対策 All Rights Reserved.

       

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM