スポンサーサイト

  • 2018.06.13 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    齊藤真嗣『体温を上げると健康になる』

    • 2017.11.02 Thursday
    • 17:55

    当ブログでは30代からの免疫力対策について述べていますが、今回は齊藤真嗣氏の『体温を上げると健康になる』を取り上げながら、免疫力と低体温の関係について述べていきたいと思います。

     

    今の時期のような、秋から冬に移行していく季節は、ご自身のおからだの「低体温」が気になり始めると思います。特に冷え性の方は「低体温」にならないよう常に気をつけていると思いますが、近頃は以前よりも低体温の人が増えていると言われています。

     

    そのため、普段は自分の体温が高いと思っている方でも、いつのまにか低体温になっていないか、注意する必要があるのかもしれません。

     

    その「低体温」は免疫力の低下につながってくると考えられます。なぜなら、体温が低下してしまうと、その分、からだの機能が低下してしまうからです。からだの機能が低下してしまうということは、すなわち、全身の細胞の元気がなくなるということを意味します。

     

    反対に、体温が上がれば、その分、からだの機能が回復して、細胞も元気になります。この「細胞が元気になる」とは、細胞内のミトコンドリアの活動が活発になるということでもあります。

     

    このことに関して、医師であり日米欧のアンチエイジング専門医でもある齊藤真嗣氏は、『体温を上げると健康になる』のなかで、「体温が一度下がると、免疫力は三十%も低くなります」が、「体温がたった一度上がるだけで免疫力は五倍から六倍も高くなる」と述べています。

     

    また、「低体温になると、病気に対する抵抗力が下がり、抵抗力が低下したことによって病気が発症・悪化し、それによって体内環境が悪化すると、さらに低体温になるという「負のスパイラル」にはまり込んでしまう」と述べています。

     

    そして、「低体温がもたらす「負のスパイラル」から抜け出す最善の方法は、体温を上げることです」としています。そのように述べる理由は、「体温が上昇するとそれだけでも血流」が良くなるからだといいます。

     

     

    では、低体温になる原因は一体何でしょうか? 齋藤真嗣氏は『体温を上げると健康になる』のなかで、低体温になる原因のひとつとして「ストレス」を挙げています。

     

    「人間はストレス状態が長く続くと、自律神経のバランスや、ホルモンのバランスを崩してしまいます」とし、「ストレスが低体温をつくりだし、低体温が細胞にとってさらなるストレスになる」と述べています。

     

    そのため、低体温にならないためにはストレス対策が重要になってくると考えられます。

     

    また、ストレス対策以外に、低体温を避けるためには、「最低でも一日一回、体温を三七度に上げる習慣を身につけること」が重要であるとし、特に「体温を恒常的に上げるべく、筋肉を鍛えることに目を向けてほしい」としています。

     

     人間は幸せを手に入れようと、いろいろなことに頑張りながらここまで進化してきました。でも、ちょっと頑張りすぎてしまったようです。

     私には、そのひずみが低体温となって、人間に本来の幸せに立ち返るよう教えてくれているような気がしてなりません。

     頑張って働いて、ストレスに耐えて、あなたの体はもう悲鳴を上げています。その悲鳴が「低体温」です。

    (齊藤真嗣『体温を上げると健康になる』p197)

     

     昔に比べ、人間の運動量はあきらかに落ちています。低体温の人が増えてきたのは、ストレスに人間が対応できなくなったことに加え、筋肉の質と量が低下したせいです。

     一日一回、体温を一度上げる努力をする。

     筋肉を鍛えて、体温が少しずつアップしていくような生活をする。

     原始時代の生活に戻れない私たち人間は、自分自身の責任で、それをやっていくしかないのです。

     体温を上げると健康になる。ひいてはそれが幸せにつながる。

     私が本書でお伝えしたかったことは、このひと言に尽きるでしょう。

    (齊藤真嗣『体温を上げると健康になる』p198)

     

     

    齊藤真嗣『体温を上げると健康になる』

     

     

    齋藤真嗣氏の『体温を上げると健康になる』は2009年にベストセラーになった一冊ですが、この本に書かれている内容は、30代から免疫力を高めていくためには実は非常に大切なことを示唆しているように感じられます。

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2018.06.13 Wednesday
    • 17:55
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      30代からの免疫力対策

      水溶性ケイ素で免疫力を高めて万病予防

      DHA・EPAは認知症やアレルギーを予防してくれます。

      ブログ村

      Amazonアソシエイトプログラム

      Copyright © 2016 copyrights.30代からの免疫力対策 All Rights Reserved.

       

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM