『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』

  • 2016.07.23 Saturday
  • 14:23

この記事では『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』(森下竜一・桐山秀樹 著)を取り上げながら、アルツハイマー型認知症の発症と砂糖や人工甘味料の摂り過ぎとの関連性について述べてみたいと思います。

 

以前、山嶋哲盛氏の『サラダ油をやめれば認知症にならない』 を取り上げ、サラダ油が認知症の発症原因になる理由について述べましたが、 森下竜一・桐山秀樹氏らによる、この 『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』を読むと、サラダ油だけではなく、砂糖や人工甘味料の摂り過ぎもアルツハイマー型認知症の発症リスクを高めることが分かってきます。

 

では、アルツハイマーと砂糖や人工甘味料の摂り過ぎにはどのような関係性があるのでしょうか?

例えば、『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』のなかで、以下のように書かれています。

 

 アルツハイマー病が、もし「脳の糖尿病」であるならば、糖尿病にかかった初期の段階で、それ以上進行しないように、原因となる生活習慣を改善しておく必要がある。すると、糖尿病が悪化しないだけでなく、将来、アルツハイマー病にかかる危険性も減少する。

 分かりやすくいえば、糖尿病にかからないようにしておけば、アルツハイマー病にはかかりにくくなる。あるいは、糖尿病とアルツハイマー病は、かかる原因が同じだということだ。(森下竜一・桐山秀樹『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』p23〜24』)

 

ここで大切なのは、「糖尿病とアルツハイマー病は、かかる原因が同じ」であるという点です。そしてそのことに対する説明として、 『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』のなかで以下のように述べられています。

 

 なぜ、一見、無関係に思われるアルツハイマー病と糖尿病が、その発症原因を同じくしているのか。

 その「謎」を解く鍵のひとつとなるのが、βアミロイド(アミロイドβと記すことも)というタンパク質の存在である。

 アルツハイマー病は、老年になるにつれて、脳細胞にこのβアミロイドが沈着することによって起こると考えられている。

    (略)βアミロイドというタンパク質は、若い頃から誰にでもたまる。

   それを日々、分解して体外に排出しているのが、インスリン分解酵素である。

 本来はインスリンを分解するインスリン分解酵素だが、実はいろいろな物質を分解しており、インスリンが少ないときには、他の物質を分解している。その中のひとつがβアミロイドなのだ。(森下竜一・桐山秀樹『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』p21〜22

 

糖尿病は認知症の原因「βアミロイド」を脳に沈着させやすくする

 

さらに、糖尿病になってしまうと、一般的にアルツハイマー型認知症の原因とされるβアミロイドがインスリン分解酵素によって分解されにくくなるため、アルツハイマー型認知症の発症原因として有力視されているβアミロイドが、脳に沈着しやすくなってしまうと言います。

 

 人間は、食事をして、主要エネルギー源となる炭水化物を大量に摂ると、血液中にグルコース(糖)があふれて、いわゆる高血糖状態になる。この血液中の糖を筋肉細胞に取り込んで、体を動かすエネルギー源に変えるのが、膵臓のβ細胞から分泌されるインスリンというホルモンである。

 ところが、中年になって腹囲に内臓脂肪がたまると、インスリンがなかなか効きにくい状態になる。これを「インスリン抵抗性」と呼ぶ。

 インスリンが効きにくくなって、高血糖の状態が続くと、血管内が損傷されるなどして危険なため、血糖を下げる目的でインスリンがさらに大量に分泌される。この結果、血液中が高インスリン状態になってしまうわけだ。

 そして、普段なら脳にたまったβアミロイドも分解するインスリン分解酵素が、脳にあふれたインスリンを分解するので手一杯になってしまう。(森下竜一・桐山秀樹『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』p22〜23

 

    その結果、本来ならインスリン分解酵素によって分解、排出される脳内のβアミロイドが、次第に沈着していき、ひいては、メタボから糖尿病、糖尿病からアルツハイマー病を発症してしまうことになる。

    これが「アルツハイマー病=糖尿病」説だ。遺伝によって起こる儀拭△△襪い魯瓮織椶覆匹寮験莉慣によって起こる況燭犯羈咾靴董△笋呂蠕験莉慣を原因として脳内に起こることから、アルツハイマー病を「祁薪尿病」、あるいは「脳の糖尿病」とも呼ぶようになってきた。(森下竜一・桐山秀樹『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』p23

 

アルツハイマーは脳の糖尿病だった

 

アルツハイマー型認知症を予防するのは30代から

 

このように、『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』は、糖尿病の発症がそのままアルツハイマー型認知症の発症リスクにもつながることを示唆しています。

 

では、アルツハイマー型認知症の発症リスクを低下させるには、どのようなことが大切になってくるのでしょうか?

 

その答えとしては、30代からの認知症予防対策を行い、日頃の食生活に気をつけていくことが挙げられます。 このことに関して、森下竜一・桐山秀樹氏らによる『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』のなかで、以下のように書かれています。

 

 一般的に30代は消費されるエネルギーの約7割を占める基礎代謝力が高いが、現代の苛酷な競争社会や厳しい労働環境、そしてファストフード店の頻繁な利用や深夜の食事などで食生活のリズムが乱れて、肥満やメタボリック・シンドローム、さらには糖尿病を引き起こす人が増えてきた。

 その原因のひとつが、糖質の摂り過ぎだ。

 だが、30代の若い頃は動き回る機会も多く、糖尿病患者でもない限り、あまり極端な糖質制限を行う必要はない。

 すなわち、白く精製した白米、パン、麺類、砂糖などを避け、できるだけ玄米や五穀米などの茶色い全粒穀物を摂るようにする。また、血糖値の上がりにくいGI値の低いものを意識して摂るようにしよう。(森下竜一・桐山秀樹『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』p178〜179

 

また、30代から「白く精製した白米、パン、麺類、砂糖などを避け、できるだけ玄米や五穀米などの茶色い全粒穀物を摂るようにする。また、血糖値の上がりにくいGI値の低いものを意識して摂るように」するという、意識的な糖質制限を行うことは、40代・50代での高血糖を避けることにつながるといいます。

 

もちろん、糖質は身体がエネルギーとして消費する分だけ必要ですので、「糖質ゼロ」といった極端な糖質制限は控えるべきです。

 

しかしアルツハイマー型認知症の発症を予防するためには、GI値が高く、血糖値を急激に上げやすい砂糖や人工甘味料はなるべく避けた方が良いのです。

 

ちなみに、もしコーヒーなどを飲む際に甘みが欲しいという方は、砂糖の替わりに「オリゴ糖」や「ココナッツシュガー」といったGI値が低い甘味料を使うことをおすすめします。

 

アルツハイマーは脳の糖尿病だった

『アルツハイマーは脳の糖尿病だった』 森下竜一・桐山秀樹 著 青春出版社 2015年

『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』 村山友美 著

  • 2016.07.21 Thursday
  • 19:11

聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』(村山友美 著)は、聴くだけで幸運を引き寄せたい方におすすめのCDブックです。

 

なぜなら『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』 の付録のCDに収録されているトラックを聴くことで、「空間、身体、心のエネルギー浄化が起こり」、「邪気が払われ、運気がぐんぐん上がる」からです。

 

ちなみに引き寄せの法則の「引き寄せ」とは、「思いのエネルギー同士を引き寄せ合う」ことであると言います。そして、「音は波動を高め、引き寄せられる体質に変えてくれる」と村山友美氏は述べています。

 

またこのCDに収録されている音の力によって、「自らの周波数を変えること、潜在意識の扉を開くこと、望むものを引き寄せること」が可能になるとされています。

 

さらに 『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』の特徴は、

 

  1. 「聴くだけで波動が上がり引き寄せが起こる」
  2. 「邪気が浄化され、恋愛、お金、健康の流れが良くなる」
  3. 「聴くだけでいいから簡単!」
  4. 「3つの脳内麻薬のホルモン効果で活力が湧いてくる」
  5. 「不安や恐怖が解放され、行動力が高まる」
  6. 「自律神経が整い、イライラ・心身の不調がなくなる」

 

といった6つであると書かれています。

 

『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』

 

また、「幸運を引き寄せる3ステップ」として、以下が挙げられています。

 

  1. 浄化
  2. 潜在意識の扉を開く
  3. 潜在意識に情報を入れ込む

 

さらに音の作用・効果としては、

 

  • 浄化作用
  • 快感ホルモン作用
  • 自律神経が整う

 

といったことが挙げられています。

 

『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』

 

『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』 付録のCDを聴いてみた感想は?

 

実際に『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』 付録のCDを聴いてみましたが、感想としては、CDの内容は素晴らしく、驚くほど高品質です。

 

村山友美氏の前著、『あなたの声を音が、すべてを浄化する』の付録CDを聴いた時もそうでしたが、CDには波の音をはじめとして、クリスタルボウルやシンギングボウル、ピアノの音などが含まれており、様々な音の波によって、からだの内部の邪気が払われ、さらに高周波や倍音などが身体を浄化していく感じです。

 

そのため、このCDを聴いていると、自分の望みを引き寄せるだけではなく、免疫力も高まっていくような気がします。

 

もちろん、著者の村山友美氏がこの『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』 のなかで、「何もしたくない、とひたすら願いが叶うのを待っているだけでは、叶うものさえ叶いません。引き寄せ体質になって引き寄せを待つだけではなく、自ら一歩踏み出すことも大切なのです」と述べている通り、ただCDを聴いているだけで願いが何でも叶うというわけではありません。

 

本当に引き寄せたいものを引き寄せて願いを叶えるには、「日常において、小さな行動を起こす」ことが必要になってきます。

 

その引き寄せを実現させるきっかけとして、この村山友美氏の『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』 は大変おすすめです。

 

『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』 村山友美 著  フォレスト出版 2016年

 

 

 

保湿クリーム「水の彩」の感想とアトピーへの効果

  • 2016.07.14 Thursday
  • 19:39

この記事では 彩生舎の保湿クリーム「水の彩」をアトピーの肌に塗ってみた感想(口コミ・レビュー)について述べていきたいと思います。

 

前回の記事では「ルイボスティー」がアトピー性皮膚炎の症状緩和に効果的だと書きましたが、アトピー性皮膚炎に悩まされている方で、何か良い保湿クリームがないかと探している方がいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、首のアトピーがなかなか治らない私自身が、肌にやさしいため、敏感肌、乾燥肌でも大丈夫だとしてある彩生舎の「水の彩」保湿クリームを実際に注文して、試してみました。

 

保湿クリーム水の彩

お肌にたっぷりのうるおいを!『水の彩』

 

 

2週間程度、「水の彩」を使用し続けた感想としては、「本当に肌にやさしい」ことが挙げられます。

 

首のアトピーの部分に下手に市販のクリームを塗ると、私の場合、かゆみが生じてしまうのですが、この「水の彩」に関しては、お風呂上りに塗っても、かゆみを感じることはほとんどありませんでした。

 

もちろん、この「水の彩」は医薬品ではないので、アトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果はありませんが、何か肌に優しい保湿クリームを探している方は、それほど皮膚を刺激しないため、一度試してみる価値はあると思われます。

 

また、「水の彩」は、お風呂上りに水で薄めた水溶性ケイ素と一緒に塗っても、皮膚の保湿に効果的です。

 

ところで、アトピー性皮膚炎を治していくことに関しては、お風呂上がりなどの保湿に気をつかいながら、皮膚を出来る限りひっかかないようにして、皮膚のバリア機能を高めていくことが必要になってきます。

 

さらに、腸内環境を改善すると共に、DHA・EPAなどを多く摂るなど、油の摂り方や食事に気をつけ、体内でかゆみ・アレルギー症状が起きないようにしていくことも重要です。

 

つまり、アトピー性皮膚炎の症状緩和は、内側と外側、両方のケアが大切なのです。

 

保湿クリーム水の彩

低刺激性保湿クリーム【水の彩】

 

 

ちなみに、彩生舎のサイトには保湿ゲルクリーム「水の彩」に関して、

 

  • 「水分が角質層のすみずみまで浸透し、お肌にハリとうるおいをあたえます。」
  • 「保湿成分がお肌に保護膜をつくり、通気性を妨げることなく水分を保持し、うるおいを逃しません。
  • 「化粧水+乳液+美容液が 1つになったオールインワンゲル。」
  • 「お顔をはじめ全身のマッサージにもご利用下さい。(ご使用方法の欄をご覧下さい」
  • 「ノンオイル・無香料・無着色、また石油系合成界面活性剤は使用しておりません」
  • 「お肌にやさしい低刺激性の保湿ゲルクリームです。ご家族全員でお使い下さい。※ お子様の場合は、必ず保護者の方の目の行き届く所でご使用ください」

 

と書かれています。

 

また水の彩に含まれる全成分は、

 

「水、BG、グリセリン、マルチト−ル、リゾレシチン、オウゴン根エキス、水溶性コラーゲン、ヒバマタエキス、
カワラヨモギ花エキス、アロエベラ葉エキス、黒砂糖エキス、カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K、アラントイン、
ビフィズス菌培養溶解質、海塩、水酸化K、カルボマー、トコフェロール、メチルパラベンNa

※ 天然由来成分を98%以上配合しております。  ※ 無香料、無着色、石油系合成界面活性剤は使用しておりません。」

 

とあります。

 

 

保湿クリーム水の彩

 

保湿クリーム「水の彩」は敏感肌の方におすすめです。

 

保湿クリーム水の彩

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

30代からの免疫力対策

水溶性ケイ素で免疫力を高めて万病予防

DHA・EPAは認知症やアレルギーを予防してくれます。

ブログ村

Amazonアソシエイトプログラム

Copyright © 2016 copyrights.30代からの免疫力対策 All Rights Reserved.

 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM